INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
セッション後の変化!
 先日、セッションを受けた方からのメールが来たので、本人の承諾を得て、ちょっと割り込みで紹介します。



***




二週間前にセッションをしていただいた、****です。




わたしは、三年計画で、インディアンの住んでいる街へ行こう、と思っていて、今
は、インディアン関連の本や神秘主義関連の本を系統立てて読んでいます。具体的な
目的がきまると、行動も具体的になるのだ、と感じています。まず、インディアンの
用品が売っている店へ行き本を買いました。次に図書館でインディアン関連の書物を
借りて、少しずつ読み始めています。




アイヌの料理屋に行ったりもしました。アイヌの本を読んでいて、その人の本の話
をアイヌの人に話すと、そのアイヌ料理屋の人の知人のようで、その人は癌で、「も
うだめだなあ」と言っていました。わたしが飯を食べていると、人がやってきて、話
しかけよう、と思い話しかけました。すると、その人がいろいろ話をしてくださいま
した。その人は、彫刻家をしている、と言っていました。アイヌ料理屋で働いている
人がもう一人いて、その人は、「二年くらい引きこもっていました」と言っていまし
た。




海へ行ったりもしました。わたしは、都市のなかで人と話しているときよりも、自
然のなかで遊んでいるときのほうが、面白い、と思っています。公園にある自然も自
然だと思いますが、わたしには物足りないのです。では、わたしは、どのような自然
が好きなのか、と言うと、まだ具体的にどう、と説明することができません。水曜日
に山に登る計画をしていますが、その山に登ったらまた自分の好きな自然というもの
がどういうものなのかはっきりするのかも知れません。




何かしら自然のなかで楽器を演奏したい、と思いました。アボリジニーの人たちが
吹いている楽器を注文し、いまは待ち遠しい、と思っています。




村松さんに、話をうかがったときからすると、少しは頭脳中心の堂々巡りの考え方
から、抜け出すことができているのではないか、と思っています。体が発する無意識
のメッセージというものはあまり聞くことができていないのかも知れません。さっき
は、体が、「ご飯が食べたい」ような感じ、を発しているようでしたが、無視しそう
になっていました。
三年後、にインディアンの住んでいる街に行く、と計画を立ててみると、やってやる
ぞ!、という気が起こります。インディアン関連の書物をよんでいると、正直、自分
だったらこうする、というのを感じます。まだ「こうする」というのは具体的になっ
てはいませんが、ボンヤリしているのですが、明らかにそれは自分のなかにある、と
感じます。




客観視すると、自分のような人間はいくらでもいるのだ、と思います。今、起こし
ている行動を観察しているとそう思います。これから本当の自分になることができる
ように鍛えあげていきたいです。村松さんにセッションをしていただくまで、自分が
堂々巡りをしていることにすら気がつくことができませんでした。そして今ではすべ
て自分の責任であると思っています。目の前にいる人間を批判するのと、観察するの
では、方向性がまったく違うのだと思います。




ありがとうございました。


***

村松コメント


彼は仕事をやめて一年強くらい引きこもり気味で、方向性を失っていた20代後半の青年です。

動くことが面白くなったようで、先日はスケボーをやったそうです。
2週間どうしているのかな、と思いましたが、たいへんに活性化していました。

いろいろな話をしたのですが、「何かしたいことないの?」と聞いたら、「インディアンの土地に行きたい」とぽつんと言ったのです。
それ、いいじゃない、いま、エアチケットも安いし、さほど遠い不可能な夢ではないよ、インディアンのこと調べたり(ネイティブ・アメリカンと言わないといけないのかな?)、どこにいくか、行き方を調べたり、英語勉強したり、周辺のこといろいろ楽しんでできるじゃない? ……

それで彼の磁石の針がぴったりと決まったようです。
そういう方向がはっきりすれば、人は動くことが楽しくなります。

インディアンに憧れるということは、やはり人工的な環境よりも、自然が好きなのでしょう。海や山に行ってみる、アイヌ料理屋に行ってみる、そういうアクションが次のヒントをくれます。

そういう自発的なアクションを起こすことが、じつは無意識との対話なのです。
言葉で考えていると頭の中で回ってしまって何もしない、そこで停滞してしまう人がたいへん多いのです。
自分がしたいこと、できることの範囲の中で日々動いていくこと。
そうしたら、自然に自分のことがわかってきます。

動いていれば、偏った考え方や感じ方は現実によって、また接点をもった他人によって、補正されていきます。
しかし、動かなければ、同じ材料をいつまでもグルグルと掻き回していることになるのです。

彼は堂々巡りからは抜け出しました。
セッションを受けようと一歩踏み出したときに、ループから抜け出していたのです。
セッションを受けるかどうかについても迷っている人はいませんか?
迷うのは考えているのではありません。
永遠のループの中にいるだけです。
(以上、ちょっと宣伝)

ループから抜け出した彼には、新しい世界が開けるでしょう。
3年後、ぜひインディアンの街を訪れた報告をしてもらいたいものです。



**
 多くの方に読んでもらえるようにワンクリックお願いします。


**
質問やセッションのお申し込みは、kokoro@hiden.jpまで。

新しい読者の方は、私の著書も読んでくださいね♪
                    アッチ→




セッション / comments(1) / trackbacks(0)
Comment








>そういう自発的なアクションを起こすことが、じつは無意識との対話なのです。

そうなんですか! それはとてもわかりやすいですし、わたし自身、ここ数年やってきたことです。

「自分で考えて、それを実践する」という、非常に当たり前のことをすることで――それは本当に些細なことだったりしますが(※)――わたしは中年と言われる年になってやっとこさ、自分の人生を生きているという感覚が生じ、「人生って創造的なものだったんだ」と気付きました。

(※些細なこと……日常生活や仕事において、「こういう物があると便利だな」と思ったら、吟味して実際に買うとか、人と意見が違っても、自分の意見をむやみに押し殺さないとか――表現するしないにかかわらず――そんな些細なことです)

しかし、そういう当たり前のことができなかったことが大問題ですね。なぜできなかったんだろう?

from. tomato / 2009/10/14 9:19 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/99