INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
悟りが5分でわかっちゃう!
 JUGEMテーマ:


悟り、とは「差取り」であると、この世界(どの世界?(笑))では、よく言われます。

成績がいい悪い、地位が高い低い、お金持ちか貧乏か、容貌が美しいか美しくないか、サッカーがうまいか下手か、……などと、われわれの世界は、さまざまな区別差別に満ちています。
そして、それによって、我々は日々何かが上がった下がったと、文字通り一喜一憂しているわけです。

悟りとは、そういう差別のしきりを取り払ってしまうことです。

金があってもなくても、美人でも不美人でも人であればみな同じ、という態度を取ります。ただ態度だけでなく、心の中でもそれを全く分別しない状態です。

貧富、老若、美醜、善悪そういうものを隔てるしきり、測るモノサシがなくなってしまいます。

人であれば皆同じ、と書きましたが、それがやがて生き物であれば同じ、命あるものみな同じ、というところまで行きます。

これが徹底されますと、良寛さんのように、一本の竹の子の生育を自分の生活の下には見ないということになってくるのです。

昨日は大バカと書きましたが、これは通常の生活感覚からいうと、狂気という領域に足を踏み入れているとも言えます。
それは、行者の生活なので、我々の生活にそのまま飲み込むことはできません。
しかし、悟りというのが何事であるか、正確に知っておくことは悪いことではありません。

いろいろなものの差を取っていって、悟りの最後の段階は、何の差を取るでしょう?

最後には「自他」の差を取るのです。

わたしとあなた。
自分と他人。
自分と世界。
それの差別がなくなってしまいます。

そうすると、どうなるか?

人の精神は宇宙になるのです。
同時に生と死の間のしきいもなくなります。

喜びや苦しみを認識する個という単位やしきりはもうなくなって、私たちの精神は無限大の宇宙に広がります。

それが私たちの精神の本来の姿です。
心のエネルギーの法則 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








from. /
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/49