INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
人に認めてもらいたい!
 
JUGEMテーマ:

相対的な価値の中でふと不安になったとき、人はときどき誰かに自分を認めてもらいたいと思います。
よく「自分を理解してくれる人がいる」という言い方をしますね。
それは幼いとき、若いときほど大切なことです。

こういう承認欲求は、まず両親、家族に無条件に満たしてもらったほうがいいのです。
しかし、そうならない場合もあります。
根本的に愛情が欠けている場合もありますが、教育熱心な場合もあります。

教育熱心というのは、よその子と比較したり、子どもの欠けたところを指摘することになりやすいですから、相対的な価値の世界に子どもを置くことになりやすいのです。

まず絶対的な価値を全面的に承認した上で教育しなければ、子どもは非常に不安定になっていくでしょう。
しばらくは無理が利いても、いずれは子どもの心に欠落感が生じていきます。
親は「愛の鞭」のつもりでも、「ただの無知」になってしまいます。

最近、親の早期教育、英才教育で出てきたスポーツ選手や芸術家が多いでしょう。
そういう教育法のエピソードをテレビでやるたびに、これを見て安易に真似をする親が増えたらイヤだなあ、と私は思います。

子どもの才能、やる気、親の教育に対する理解・信念、ムラのない意志、理想的な環境があり、さらに幸運があって、トップレベルの存在は生まれます。
『一将功なりて万骨枯る』という言葉がありますが、一つの成功の影には無数の悲惨な失敗があります。

子どもに自分の欲望を投影してはいけません。
英才教育が途中で挫折したケースは、テレビには出てきません。
愚かなだけで、面白くもないし絵にもならないからです。

娘をプロスポーツ選手にしようと本気で狙って挫折した知り合いがいます。
そのあと娘はかなりグレた、と聞いています。
親は子どもに何かを詰め込もうとするより、まず承認してやることです。
そして、いろいろな才能が現れる「環境」を用意してやることです。
そこまでは失敗はありません。
すぐに何の才能も現れなくても心身とも健康ならいいではありませんか。

そして、子どもはある時期に、親の承認では物足りなくなります。
親よりも学校の友人たちの承認のほうが重要になります。
そうすると、親に対して愛想がなくなったりします。

それも成長の証明ですね。







家族 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








from. /
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。