INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
「心が大事の会」の秘密 その2
「心が大事の会」の感想レポート、さらにアップします。

●40代男性のレポート

「一昨年11月に、ふっと眼にした村松さんのメルマガを見て「心が大事の会」に入りました。
本会では、自分の子供と同世代の若者や社会常識といわれるものに惑われず自分なりに道を見つけ生きている人、また私よりも人生の先輩でありながらも若々しく・たくましく生きている女性との出会いなどがありました。そして、主催者である村松さん。深夜まで酒を飲み、話をするうちに、久々に心を動かされる人に出会った、と感じました。
ただ、良いことだけはありません。会に出席して「あまりに幼稚な考え」「視野が狭いなあ」と、いろいろと心の中に不満が出てくることも再再でした。しかし、少し日にちが経ち考え直してみると、自分の経験や知識がフィルターとなり相手を素直に観ていない、と自省させられることもしばしばです。
私は今年5月に50歳を迎えますが、年齢を重ねるごとに、利害関係のない人との出会いは減っています。「心」といったことをテーマに様々な人と語り合ったりゲームをしたり、面白いです。日常を離れることの大切さを改めて感じさせられる場となっています」

● 村松コメント

年齢・性別・価値観、みんなバラバラな人が集まる、というところがこの会のいいところです。
大学生なら大学生、会社員なら会社員、ある業界なら業界と、僕たちはふだん近い価値観、近い境遇、等質な情報を持った同士で群れ合っていることが多いのですね。

そういうことが世界観のすべてになってしまうと、ふだんの世界の外側に出たときに、コミュニケーションがうまくいかなくなってしまいます。
コミュニケーション以前に心がその世界だけに適応して、柔軟性を失っているのです。

価値観が違うからこそ、話し合ったり理解しあったりに価値があるのです。
最初から価値観がいっしょであれば、なにも話す必要がないのです。
同意だけで会話が成り立つのであれば仕事量はゼロといっていいのです。

差異があるから一致があり、一致があるから差異がある。コインの裏表のようなものです。

そういう差をいろいろと楽しみつつ、最後に懇親会でわいわいする、というのを毎月繰り返しているわけです。

ぜひいちどご参加ください。

本当に気楽な会、というか、むしろ、気楽にしていないと参加できない会です。


心が大事の会 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








from. /
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/207