INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
コードとモードと電子出版

冒頭ページにお願いっぽいことを書いたら、ツイッターで更新情報をリツイートしてくださった方がいます。ありがとう。

ココロ☆ブランド(えーと、説明したっけ?)は、いろいろなコンセプトを、書くだけでなくさまざまな形でアウトプットしていきたい。そのためにアクティブな読者を増やしていきたいのです。

どうも、僕の書くものは、みんなに広めたり語り合うようなものではなく、心の奥底に仕舞いこまれる性質のものらしいのです。

それもいいのですが、でも、ときどき、たまに! お近くの人に勧めていただけたりすると、とても助かります。


*

さて、本文。


前回、「隠語の交換」ということを書きましたが、これについてもう少しいろいろな場面で見ましょう。

それで最後に意外にも?電子出版の話に落ちる予定。


僕の用語では、隠語はコードです。暗号などもコードと呼ばれます。ギターコードという場合は、和音。

このコードやシンボルを交換することで成立するつながりのことをモードと呼びます。

(この用法が世間とどれくらい世間の用法と一致しているか、ずれているか、知りません)


たとえば、医療にこのことをあてはめましょう。

医療というのは、このコードが複雑多様に発達した領域です。

病名、薬品、処置方法や器具など、すべて専門的な言葉があります。

昔は医療用語はドイツ語でした。患者のことをクランケとか。

今は英語が中心かもしれません。

とにかく多岐に亘る専門用語が医療現場で合流し、そこで使われる用語が何を指すか理解するにしたがって、人はその世界のモードに入って行くのです。


うつの人など、よく日記に薬の名称を書いています。専門的な薬の知識を得ることによって、医療のモードに同調することができるのです。


このようなモードのなかにいる人に、薬害について説くのはまことに難しいでしょう。

なぜなら、実証的なことがを言えるのは、そのコードに精通した人だからです。

つまり、医療従事者か、その関係者ということになります。


たとえば、医者がある特定の薬品について危険であると警鐘をならすのは許されるでしょう。

しかし、医療のモード全体を批判し始めたら、彼は孤立し、排斥されるでしょう。


病院は言うまでもなく製薬会社と同一のコードで結ばれています。

製薬会社は、広告によってマスコミと結びついています。したがって、マスコミは薬害の本質的な部分は追求しません。

そして、病院も製薬会社も、法律というコードによって、行政とつながっています。

行政がコードを変えれば、またそれをモードに取り込んでいかなくてはいけません。


そして、行政は政治の言葉とつながっており、その中でたとえば、「アメリカの薬品をもっと買うように」、というような圧力にさらされているでしょう。


このように多数のコードが複雑にからみあってモードを作り出している世界では、そのコードを使っている限り、何も客観的に見ることができません。

つまり、医療の内側から医療をラジカルに批判するのは不可能に近い。

これは、他の業界でも同じことです。


コードとか、モードというのを僕は悪いもののように書いていますが、これには、思考やコミニュケーションを節約できる、というたいへんな利点があるのです。

そのコードを共有しているだけで、なんとなく仲間らしくそこにいることができます。

しかし、思考やコミニュケーションが節約された世界では、何の摩擦も生まれないのです。

したがって、人は生々しい感覚で全体を見ることができなくなります。

外から全体を見るのではなく、内側から、自分の利害と結びついてしか見られなくなります。


これは、いわゆる「業界」とか、「業界の常識」と言われるものです。

でも、コードやモードで分解するともっと正確に見ることができます。


人はいつも、コードを使い、モードの内側でエネルギーを省略して生きています。

しかし、芸術や哲学はこのようなモードの呪縛から自由でなければいけません。

省略するのではなく、最もエネルギーを消費するあり方、もっと摩擦が多く、自分の感覚と人の感覚を揺り動かす形を考えなければいけません。


コードとモードという言葉も、またコードです。

僕がどこかで聞きかじったものだから、同じようなことを言っている人がいるかもしれません。

つまり、同じコードを使うと同じようなことを言うことになるのです。


業界で、今、いちばん大きく変わろうとしているのが、僕のいた出版業界です。

電子出版によって、今までの紙の出版物とそれを取り巻く業界は大きく淘汰されるであろうと予想されています。


そして、ここが大切ですが、今までの出版と電子出版では、使われるコードが大きく違います。

ipad、キンドルをはじめとして……えー、専門用語は出てきませんけれども、たとえば、出版取次というような言葉も、名称も機能もまるで違うものになるでしょう。あるいは、いくらアナロジーで探しても、取次に相当するものは存在しなくなって、代理店のような概念を英語でいうような世界になるのかなと思います。


つまり、出版と電子出版は、出版という言葉は同じでも、全然別のコードとモードを持つ業界なのです。

旧来の出版社が自分の持てる無形の財産を持ち込もうとしても、生きる部分はほんのわずかでしょう。その部分に執着すれば、モードに乗り遅れるでしょう。


今まで流通していたコードが無効になるのです。

そして、いち早く新しいコードを使った人間が、モードの内側に入り、それについて最新の情報を輸入し、知見をもつ人間がもてはやされるのです。


ビジネスマンがすぐに新しいキーワードに飛びつくのは、どうにも浮薄に見えますが、そのように新しいコードを身につけていかなければ、激しい時代の変化を消化していけないという面があるのでしょう。


僕が日常語で哲学するのは、難しい本が全然頭に入らないからでもありますけど、そういうコードやモードから自由でありたいからです。

その結果、どんどん僕の書くものはどの業界にも属さない「無用のもの」になっていくのです。


しかし、その無用を100パーセント近く突き詰めれば、あらゆる創造の根源として、あらゆるコードにアクセス可能なものになると信じています。


僕がこうして書いているのは、そういう運動なのです。
































言葉の性質 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








from. /
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/174