INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
哲学しましょう!

副題に「ココロを哲学するサイト」とつけたでしょう?


この哲学についてちょっと。


何年か前から、僕は肩書きの隅っこで、ささやかに「哲学者」と名乗っていました。

どうしてささやかにかというと、「哲学」というと偉そうに思われるでしょう。

普通の人から見たら、いわゆる敬して遠ざける対象、ということになります。


しかし、一方で哲学を「勉強」している人たちからは、僕の書いているものは「あんなものは哲学ではない」と言われる可能性が高いように思われます。


哲学を知らない人からも、知っている人からも疎ましがられるわけです。哲学者と名乗ることの椅子はたいへん座り心地が悪いものです。あまり嫌われたくないから隅っこで名乗っていたのです。


しかし、哲学には一ついいところがあります。

それは自由だということです。

自分自身以外の基準で自分を測る必要がないのです。

哲学は「学の中の学」と言われます。

哲学によって科学を測ることはできますが、科学によって哲学が測られることはありません。

社会学、経済学、言語学など、あらゆる学問に対してこのような優位性があります。


哲学にもいろいろな考え方があると思いますが、僕の哲学は「汝自身を知れ」から始まります。

自分自身を知るということは、人という存在を知ることです。

人という存在を知るということは、人がすべて持っている共通性を知ることです。

人類としての共通性、ある時代の共通性、日本人の民族的な共通性、そのような共通性を知ることによって、自分自身しか持っていない性質を知ることができます。


自分とは何か? 人とは何か? というのは、いちばん根源的な問いかけです。

しかし、自分とは何かを考えるときに使うのは言葉ですから、言葉の性質や使い方もよく理解するのが哲学です。


つまり、考察する対象が人と言葉であるという点で、あらゆる学問に先立ついちばん根源的なものが哲学であるわけです。


では、大学の哲学科がそういう根源的なものを教えるか、といったらそんなことはないのです。

学校で教えているのは『「哲学」学』です。教えている人は哲学者ではなくて、哲学学者です。

絶対優位の筈の学が、学問の1ジャンルに甘んじているのは、いわば先人の書いたものの研究だけをしているからです。


カント、ヘーゲル、ソシュール、フーコー、バルト、ラカン、ああたらこうたらと、哲学の領域で主に論じられる人は決まっています。

しかし、はっきり言って僕は、この人たちの書いたややこしく回りくどい文章を読めません。


しかし、哲学学の世界では、まずこの人たちを読むのです。たくさん読んでいる人が偉い。原著で読んでいる人はもっと偉いという知識の質と量についての序列があります。

そうして学び始めた人々は「ラカンの××はさあ」とか、「ソシュールの○○はさあ……」と名前や概念を仲間同士の会話に織り込んでみて、相手もうんうんとうなづきながらそれらしい返事を返してくれれば、その世界の仲間入りができたと胸を撫で下ろすのです。

前も書いたかもしれまんが、僕はこれを隠語の交換と呼んでいます。

狭い世界でしか通用しない言葉を使うことで、仲間同士の確認をしあい、閉じた世界を作り出すのです。

それが日本における「哲学」の世界ですが、それは哲学を勉強しているのであって、哲学をしているのではないのです。


僕が興味があるのは、フランス人やドイツ人が作り出した概念という舶来の包丁で世界を切り取ることではなくて、日常語という包丁をどこまで研ぎすますことができるかなのです。


日本の哲学の悪口はまだ言えるのだけど、関係ない世界なのでこれくらいにしておきます。


僕の考えでは、哲学なんて、勉強するものではありません。一人ひとりが勝手にやればいいことなのです。


僕を勇気づけてくれるのは、アンジャッシュの渡部がJ-WAVEでやっている「ブラトン」で「××を哲学する」と毎回やっていることです。哲学するって、あんたそれ「話題にしている」だけではないの! って毎回思います。


しかし、それでいいのです。

哲学を勉強している連中はほうっておいて、一人ひとりが自分勝手に哲学するのがいいのです。

あなたも哲学しましょう。




このサイトの基本 / comments(3) / trackbacks(0)
Comment








うみはるさん、僕の書いたことを的確に哲学学生の側から眺め直してくれました。
とても論が立体的に見えて来たと思います。

大哲学者の言は、用語もかっこよく思えて、ものすごい磁力があります。自分の言葉で語るより、かっこよく、優越感がもてて、反論もされず、楽だから、水が低きに流れるように、みんなそれに吸い寄せられて、自分の感覚を忘れてしまう。
しまいにそれを適切に引用するだけで、自分が何かを考えていると思い込んでしまう。
そういう人をたくさん見ました。

美術の大学教育でも、全く同様のことが起きています。
大家の作品を見て、美術史を学び、とくに現代美術の流れなんか知るうちに、その磁力の影響を受け、その歴史の中でどう振る舞うかと悩みだす。

自分が絵を描きたいという最初の衝動を失ってしまう人がたくさんいます。「なんとなくそれっぽい」絵を描いてしまうのです。技術だけあって、魂がない絵です。

哲学も芸術も、「無用の用」ということを目指さないといけないのに意味にからめとられてしまうのです。

しかし、こんなことを認めてしまうと、大学の先生も学生も全面的に自己否定することになりますから、スルーします。
だから、僕は世の中が変わるまでアウトサイダーでいることになります。
それを貫いて行くと、ますます無用になっていくわけです。

>哲学することの狂っている部分でもあり、健康的な部分でもあり、面白いところ

は、周囲に配慮したり同調したりしていては味わえないのです(犬儒派のエピソードなんか無茶苦茶で面白いです)。

さて、

【一人で哲学を始めた人に役に立つ「おまじない」のような言葉はあるでしょうか】

それは、このブログ全体でお答えすることですが、一つくらい何か……

「現実は一つではない。それを壁のように感じてはいけない」ということです。

一つの物事でも、見る角度によって多様に見える。いつもそれを柔軟に見る訓練をすることです。

昔、仙人のような人は、この世の隙間からふっとどこかへ消えてしまうことができたと言います。
本当はこの世は隙間だらけなのに、それが我々には見えていないということです。


from. 村松恒平 / 2010/06/05 11:06 AM
祝新装開店!

from. ヒコ / 2010/06/05 6:38 AM
 「心ブログ」新装開店、おめでとうございます。
 コメント中心のブログを考えていると言うことなので、一つ送ってみました。
 以前からコメントを時々投稿していた読者ですが、ペンネームを変えました(海巳→うみはる)。実はずっと変えるタイミングを伺っていました。昔のはネット上で三年近く統一して使っていたペンネームなので、付き合いも考えながら、ゆっくり切り替えていくつもりです。
 この名前を使うときは、素直な哲学者でありたいな、と思います。

 さて、僕は今まさに「哲学科に通う大学生」です。
 村松さんが挙げたような「大哲学者(と呼ばれている人たち)」のテキストも、日常的に読んでいます。それにあてられてしまい、時々自分でもよく分からない専門用語を喋ったり書いたりしたこともありました。まさに今回の記事の通りです。
 それは多分、「一人きりで哲学する」という一番大事な部分を、サボろうとしたことから起きるのかな、と感じます。
 自分一人で作り上げたものは、はじめ不格好に思える。過去のテキストに目を向けると、「自分の言いたいこと」をもっと高い完成度で書いてくれているように思えるテキストが見つかる。そして、それに飛びついてしまう。過去のものは膨大だから、探せば「なんとなく近いもの」に大抵辿り着く。そして、帰依したり、反論したりを繰り返し――結局「自分の問題」が何かを忘れてしまう。
 でも、「自分で哲学する」ことは「自分の問題」に腰を据えて向きあうことなのだと思います。「自分の言いたいこと」がモヤモヤしているなら、モヤモヤしたままで保持して、別の角度から見たり、昔の体験と繋げようとしたりして、形になるのを待つ。どんなに不格好でも、「近い」ではなく自分にとって「ぴったり」を目指さないと、哲学にならないのかな、と思います(到達できる保証はないですけれど)。
 だから、哲学というのは個人的なもので、他の人に褒めて貰わなくても一向に構わない(分かって貰わなくてもいいとさえ言えるかも)。自分がとことん納得できることが一番大事。そこが哲学の「自由」たるゆえんで、村松さんが「勝手にやればいい」と仰ることなのだと思います。哲学することの狂っている部分でもあり、健康的な部分でもあり、面白いところだと感じます。

 僕も「自分で哲学すること」を、最近意識し始めました。人に公言することでもないので、ひっそりとですけれど。村松さんの秘伝メルマガを読み返して見つけた「Now or never!」という言葉に動かされた気がします。
 ちょっと書きすぎてしまいました。村松さんの本文より長いかもしれない……。村松さんがせっかくライトな方向に舵を切ったのに、ツッコミがヘヴィすぎたでしょうか?

 えっと、それでは一つ質問をしていきます。
【一人で哲学を始めた人に役に立つ「おまじない」のような言葉はあるでしょうか】

 ちなみに僕は、日常生活の中で「待てよ、それは本当か?」というおまじないを唱えると、眠っていた頭が動き出すような気がします(これを唱えると、その後に自分の疑問を繋ぎやすくなるのです)。

 今日は、「ギョウザは主菜かサイドメニューか」について、餃子の王将のサービス定食を食べながら考えていました。「つけ合わせのモヤシの存在は重要だ」とか「から揚げに対しても同じ疑問を抱くか」など考えましたが、「俺は餃子が端的に好きだ。理由もなく」というところに落ち着きました。
from. うみはる / 2010/06/05 1:01 AM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/173