INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
まとめ・山を降りた人々

人を勧誘するという行為は何でしょうか。


宗教なりセミナーなりに入ったときに、自分が感動したり、教えを非常によいもの、尊いものだと思うことはあるでしょう。

しかし、それが外から見たら洗脳でしかないのです。


洗脳とは何か、ということを心という観点から見ますと、まず、人の中の価値観をシンプルで反駁が難しいものと入れ替えて焼き付けます。

「この世はすべて幻影である」というようなことでいいのです。

説明は繰り返しされますが、根本的な疑問は提出できません。

その世界ではそれが真実なのです。

人を狭い場所に閉じ込めて、回り中から繰り返しこういうことを言うと、そうかなあ、と思うようになります。


「この世はすべて幻影である」という考えを受け入れれば、それまでの価値観はどうでもいいものとなり、崩壊してしまいます。

一般的な現実感覚を失います。


洗脳はこのプロセスに脳内麻薬を出す仕組みを結びつければいいのです。

脳内麻薬は、一時的に混乱やパニックに陥っても出るし、苦痛によっても快感によっても出ます。

また自分は選ばれた人間だという優越感からも出ます。


ある種の言動に、ご褒美としての脳内麻薬をうまく結びつければ、人は動機づけられます。

猿にもある種のボタン操作をすればエサがもらえると条件づければ、喜んでボタンを押します。

それと同様に人は脳内麻薬ほしさにボタンを押し続けます。


だから、宗教の勧誘をする人は目がキラキラしていることがあります。

それを本当にいきいきとしているのと混同してはいけません。

こういう状態になると、洗脳はなかなか解けないでしょう。

しばらく隔離して、根気よく脳内麻薬との関連づけを解除するしかないでしょう。


こういう偏った価値観を押し付けられるのはたいへん迷惑です。

しかし、こちらが迷惑しても、勧誘する側は善を施そうとしているわけです。

そして、それを受け入れないのは、頑迷であったり、マスコミに洗脳されていたり、悪魔に見入られていたり、と、こちらのほうが悪いことになってしまいます。


そういう間違った優越感は不愉快なので、反発しようとすると、向こうのマニュアルにはまってしまうのです。


いくらキャンペーンをしても振り込め詐欺がなくならないように、こういうセミナーや宗教にひっかかる人はなくならないでしょう。


理解してほしいことで、とても単純なことは、真理を求めるということと、それを人に広めることは違うということです。


たとえば、絵を描く人がいるとしますと、純粋に絵を描くのを楽しむ心と、それを人に売って暮らそう、という心は違うものだということです。

絵がうまくなる、よくなる、というのは無限の道のりです。

そこで、この絵はどうしたら売れるかな、と考えるのは邪念でしかありません。


真理も同様です。人が真理を極めようという努力は、ここで十分ということがありません。


ニーチェの描くツァラトゥストラは、山に籠って瞑想していましたが、ある日、自分の中で溢れかえってくるものを恩恵として人々に分け与えようとして山を降りてきます(という要約でいいと思うのですけれども)。


それを読んで以来、なにか悟ったようなことをいう人は、私にとって「山を降りてしまった人」になりました。

ああ、この人はもう山を降りてしまったんだ……

主にテレピに出るタレント学者みたいな人を見ると感じるのですけれども。

研究という聖域から俗世間に降りてきた器用な人たち。


山にいれば、聖人であり、修行者ですけれども、山を降りてしまえば俗人です。

そして、山で学んだことを高く売りつければ山師です。


山にいて真理を求め続けることは誰も利さない行為です。

しかし、十分に機が熟さないうちに、半端な知識を売りに山から降りてきたらただの商売人です。

どれくらいのものを持ったところで降りてきてしまうかで、器や志が見えてしまいます。


修行を済ませて本当に豊かさを分け与えようと降りてくる人は少ない。


あらゆる教祖というものは、中途で山を降りてきた人たちだと思えば間違いないのです。


そういう人の弟子が何かを押し売りしようとしたら、それはもう食わせ者です。

組織拡大や、売り上げやお布施をあげようとしたら、いくら立派なことを言ってもダメです。


私の『達磨』という小説は、9年間、山を降りなかったどころか、洞窟内で面壁して、一歩も外に出なかった人の話です。

9年というのは、30歳からであれは、39歳までの時間です。

長い。

9という数字は一つの永遠の象徴なのです。

山から降りて来ない人、としての達磨を描いたのです。


人のことをあげつらいましたが、ちなみに私自身は、山のふもとに住む俗人です。山もいいけど、里もいい。そういう隠遁者のようなもので、悟りをひらくほど修行もしたくないのです。


この世では、山から降りてきた人たちがさまざまな教義を売りつけようとてぐすねを引いています。


こういう被害を予防するには、とりあえず、単純な原則を知っておけばいいのです。


よいものは向こうから来ない、ということです。


電話セールスや、訪問販売にはロクなものがないでしょう。

商品性が優れていれば、押し売りのような無理な商売はしません。

本当に必要なものは人は探してでも手に入れるのです。


向こうから働きかけてきたものはすべて危ない、そう思っていれば、いちばん間違いがありません。



**


 多くの方に読んでもらえるようにワンクリックお願いします。

http://blog.with2.net/link.php?848757



心理研究会、月一回開催中です。


研究会のお申し込み、質問やセッション、その他なんでもは、kokoro@hiden.jpまで。

私の著書はアッチ→


宗教とスピリチュアリズム / comments(6) / trackbacks(0)
Comment








 連載ありがとうございました。
 記事を読んで、もう一度達磨を読み直したりしました。考え付いたことは、「生き易い」という言葉について、どういう態度をとるかということでした。
 生き易いという言葉には、単純に矛盾なくいける人生のほうがいいんだ、幸せなんだ、という強迫観念があるように思います。でも、迷いのない人生のほうが、本当にいいのか。
 トラブルを抱えながらも、自分なりに納得できるような生き方はあると思う……それは、人からやり方を教えてもらえないわけです。でも、迷いや悩みは、逃げ出したり克服しなければいけないほど酷いものでもないと、思います。

 どうして、山を降りたくなるのか。信者は、降りてきた人についていきたくなるのか。その理由は、村松さんが以前書かれた「投影」にあるのかな、と感じました。
 どうしても他人を見てしまう、もっと上手くいっている自分を考えてしまう。すると、比較が始まる。自分の抱えている問題が、「だから私は不幸だ」に結びついてしまう。
 でも、自分の身に起こることは、そう簡単に欠点・問題と決め付けられないし、それの解決に囚われるのも、人を疲れさせる。
 色々なことに頭を巡らして迷えるのも、一つの自由の形で、快適ではないかもしれないけれど、幸福なことなのかな、と考えました。

 すいません、長くなりました。自分の中で、一度まとめておきたかったのです。
from. 海巳 / 2010/01/22 4:38 PM
大事なことを書き忘れていました。

いつも記事の最後に添えてらっしゃるイラスト。
見るとプッときたり、ホッとしたりします。
大好きです。すごくキュート。

イラストもすごく応援しています。
from. 霜月 / 2010/01/22 1:01 PM
はじめまして。
村松さんのブログ、いつもすごく興味深く拝見しています。

>だから、宗教の勧誘をする人は目がキラキラしていることがあります。
>それを本当にいきいきとしているのと混同してはいけません。

恋愛で周りが見えなくなっている人の様子に酷似していると思いました。
ただ恋愛の場合は人を勧誘しないし、中毒状態を維持する技術を意図的に
使うこともないでしょうから、放っといてもいつか醒めるので社会的な害は
小規模で済みますね。

あと、以前にSMの成り立ちについて少しだけふれられたときも、
目から鱗だったのですが、まさにこの洗脳の技術を使うのだなあと改めて確信できました。
(一見すると違う種類に見えるものが、実は同じ原理で成り立っている、ということが
見渡せた気がした瞬間でした。私はこの快楽に弱いです。)

昔、私の父が母から離婚をつきつけられたとき、自分の心への処し方が
幼いままの人だったので、その混乱状態に付け入られて新興宗教に
はまってしまいました。洗脳は解けぬまま現在に至ります。
一時、勧誘をされてとても迷惑だったし、不愉快で腹が立ちました。

今回のお話は、そういう人との対決(?)だったので、
いつにも増して興味津々で拝見しました。

私は、不愉快なのは変わらないとしても、腹を立てる以外の方法を知りたかったんです。
仕組みを知ることで、諦める部分がはっきりして、少し気が楽になりました。
ありがとうございます。

長々と自分語りをしてすみませんでした。
これからも、じんわりと効く漢方薬のようなお話を拝見できると嬉しいです。
応援しています。
from. 霜月 / 2010/01/22 12:51 PM
初めてコメントさせていただきます。

そのテの勧誘の人がやたらとキラキラしているのは洗脳されているからなのですね。ようやくわかりました。
きっと本人は幸せで充実しているのでしょう。
でも,人に押しつける時点で本当の「幸せ」とは違うような気がします。

その方が村松様と(たとえ勧誘という接点でも)関わるご縁があったということは,彼女の心の無意識のレベルではSOSを発しているのかもしれませんね。

…と一連のブログを拝見して思いました。
from. C / 2010/01/22 12:29 PM
痩せて綺麗になった、というか
透明感が出ていて「あれ、なんかきれいなったなあ」という感想でした。
これも麻薬のなせる技なのでしょうか。
そういえば、リアル麻薬も痩せますものね。幻覚もみますし。
ああ、そうえば幻覚…教義に酔っている状態と同じですね。
施設の外は悪に満ちている、と信者は信じ込んでいましたから。
from. ひまわり / 2010/01/21 11:51 PM
あいたた〜、あいたた〜、と何度叫んだでしょうか。

わたしがはまった宗教のリーダーを、先日町中で見かけたのですが、
目がきらきらというか、なんか痩せて綺麗になっていました。
あー、充実しているのか。やはり脱退した私は悪魔の手先なのか。と迷っていました。

でも違うんですね。まだまだ人生の修行が足りません。

でも俗にいうカルト教祖が人気ある、というのは
言い換えれば言葉での表現が上手いということになりますよね。
こういう人たちの文章の特徴は
センセーショナル(身内が立て続けに自殺した、とか、堕胎したとか)で感情移入がしやすい
分かりやすく抑揚がある

これを無意識にやってしまうあたり、表現者としての才能を感じます。
from. ひまわり / 2010/01/21 9:37 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/153