INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
生きる基準
 この「心が大事」というブログは、自分で書いていても話がどちらに転ぶかわかりません(笑)。「こういうふうに書いていこう」と予定することもあるのですが、書いているうちに、ある前提となる事柄を説明していないことに気づいて、そちらを書いているうちに、また別のことを書かなければ気が澄まなくなってしまう。
そういう寄り道をしているうちに、寄り道が本道になってしまって、元の話題に戻りにくくなってしまいます。
そういうことが心の性質なのか、と思うようになりました。

たとえば、鉄について書くと文章が硬くなるとか。
豆腐について書くと柔らかくなるとか。
それは冗談ですけれども、一部は本当にそういうことがあります。
書く対象が書き方を規定するということがあるのです。
心はもともとコロコロ変わるから、語源はころころに違いない、というのが私の持論ですが、文章もコロコロ変わってしまいます。

心については、そういうコロコロを繰り返しているうちに、もともと何を書きたかったのか忘れてしまう、物書き人生の中でも不思議な体験をしています。

今回もイニシエーションについて書き継いでもいいし、精神年齢ということについて書いてもいいし。もともとは煩悩について書こうとしていたような気もします。なぜ煩悩について書いたかといえば、霊と煩悩の関係について書きたかったのです。それで宗教についてとかいろいろ書きたい予定があったのです。しかし、全然関係ない地点に来てしまいました。今さら霊と煩悩まで話を戻すのもたいへんなので……

>これからますます時代の変化が激しくなってくると、内面に自分自身の基準を持つということが、たいへん大切なことになってくると思います。

今回は、前回の締めのこの一文からしりとり的に語ろうと思います。

生き方について自分自身の明確な基準を持っている人と持っていない人がいます。

明確な基準とは何でしょう?

単純にいえば、それを近づけて同一化するか、反撥して遠ざけるか、という基準です。
私たちは、ふつう良いものを取り込もうとして、悪いものを遠ざけようとします。
食べ物でも、栄養のあるものを食べて、毒のものを遠ざけます。

こういうことが単純に機能しているのが、明確な基準があるということです。
基準というのは生きた判別機能なのです。

このような機能がぼんやりして人に流されるままの人がいます。
また、良いものを遠ざけ、悪いものを取り込んでいるとしか思えない人がいます。
しかもそれが一回の間違いではなく、何度も繰り返す生き方のクセになっている人がいます。

これはどのようにとらえるべきでしょうか?
判別機能が狂っている?

私は判別機能そのものは生まれつきのものであって狂わないと考えています。
それは人の生命を守る感覚であって、生物としての本能的なものです。
ただ、そういう感覚は使わないと簡単に埋もれてしまいます。
生命の深い感覚よりも心の表層部に後天的な体験によって別の心の回路ができてしまっているのです。

このような回路がどこから生まれるかということ、それを次回書きましょう。
予定通りいけば!

**
 多くの方に読んでもらえるようにワンクリックお願いします。


心理研究会第一回は、そろそろ定員です。
たくさんの方に参加表明いただけました。
第二回以降のお問い合わせはkokoro@hiden.jpまで。


質問やセッションのお申し込みも、kokoro@hiden.jpまで。
私の著書、売ってます。
          アッチ→



心について書くことについて書く / comments(2) / trackbacks(0)
Comment








村松恒平様

> 生命の深い感覚よりも心の表層部に後天的な体験によって別の心の回路ができてしまっているのです。
>
>
> このような回路がどこから生まれるかということ、それを次回書きましょう。
> 予定通りいけば!

予定の邪魔になってしまうかもしれませんが、
「後天的」という言葉が出てきたのでチャンスと思って書かせていただきます。


というのも、以前、こう書いていらしたからです。

> しかし、自由になる以前に、自分の生まれつきのものと、後天的なもの、これを意識、区別できなければいけません。

このあと、この話が進んでいないように思うのですが(わたしの読み落としでしょうか)、この「意識、区別」のしかたを知りたいのです。わたし自身、流されることが多い人生だったので、生命の深い感覚をしっかりとたしかめたいのです。なぜ自分はこの時代に何のために生まれてきたのか、というようなことも実感できるのではないかという気がして……。

今すぐでなくとも、お話になりたいときがきたら、ぜひお願いいたします。
from. NS / 2009/12/07 12:17 PM
生きる基準ですかー。自分の場合は勘ですね…。結構アバウトです。


from. / 2009/12/06 1:30 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/129