INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
一体化するな
 あいかわらず書きあぐねているので、「モノと念」の海巳さんのちょっと面白いコメントに思わず反応してしまいました。

>モノに心があるような気がする……というのは僕が時々感じることなのですが、そういう話ともつながる話題でしょうか。
 例えばミッキーマウスの人形を用意してきて、誰かがそれにぐさっとナイフを刺したら、僕はそれがただのモノだと分かっても凄い嫌ーな気分です。想像力が働くからでしょうか。
 でも、それは感覚としてモノの痛みを感じるというより、実際に自分が痛くなるような、そんなイメージです。イメージというか、実際にそうなのかもしれません。「痛そうだ」と思っているのは僕ですから。
 こうしてモノと僕の間を心がいったりきたりしているように、時々思います。
 何か思ったことがあったら取り上げてもらえると嬉しいです。

私の友人で「石と話をする」という人がいます。
そういう話は好きなので、聞いたのですが、どういう話か具体的には教えてくれませんでした。
客観的に見れば、お人形さんとお話をするのと同様の一つのファンタジーであろうとも思いますが、彼にとっては単なる事実のようです。

そういう話は本当とか嘘とか、黒白つけないでぼんやり聞いておくのが好きです。
そういうファンタジーの領域とグラデーションになっていたほうが、人の心の生きる領域が広がります。

まじないでも、丑三つ参りや、ヴードゥー教などでは、人形やその人の持ち物を通じて、呪いをかけますね。
また病や災厄を人型の紙に映して燃やす、という厄払いもあります。

そのようにモノというシンボルを通じて、人の中の見えない秩序に働きかける技法はさまざまにあるでしょう。


wiiにサッカーのヘディングのゲームがありますが、ときどき靴が飛んできて、当たると、「いてっ」とか、反射的に叫ぶ人がいました。

モノでないものもヴァーチャルに同調すると痛いのです。

同調といえば、沖縄のある島では、妊娠した妻を持つ夫もつわりになる、という話を民俗学をやっていた友人から聞きました。

そういうことを考えていくとですね、私たちのこの肉体もじつは本来仮の宿りであったものが強く同調同化してしまったのではないのか、という神秘主義的な疑いに至るわけです。
着ぐるみに入ったつもりが、完全に血肉化一体化してしまって、しかも着ぐるみであることも忘れてしまった。
本体は独立しているのに、あまりにも心身と同調一致してしまったので、痛いとか、苦しいとかから逃れることができないのです。

霊というのは、その一体化が死によって再び分離されるという考え方に基づいています。

宗教的行法は、この分離を意図的、自覚的、部分的に体験しようとするものです。
そのブレによって、人の生命の構造を理解するのです。
私たちには、宗教そのものは必要ではありませんが、精神的な生活がある程度「現実」と呼ばれるものから分離していることは、現代では必要になって来ています。

社会的経済的要請や時代の流れ、マスコミの論調やコマーシャリズムに同調していると、ここでもまた「現実」との一体化が起きて、自分が何者かわからなくなっていきます。

精神はそれ自体、独自の生命・生活を持って独立していなければならない、ということは、最初の頃、自由・平等・博愛という概念で書きました。

あらゆる人の心が本来、自由意志を持っていること。
「心が大事」ブログに書いているのは、そのただ一つのことなのです。

**
 多くの方に読んでもらえるようにワンクリックお願いします。


**

心理研究会の問い合わせはkokoro@hiden.jpまで。
12月に第一回を予定しております。

質問やセッションのお申し込みは、kokoro@hiden.jpまで。
私の著書、売ってます。
          アッチ→




霊の理解 / comments(4) / trackbacks(0)
Comment








シュタイナーの本は、最初講演集でない著書をお読みください。講演集は会員向けなので、前提となる事柄が多すぎて、入りにくいでしょう。

具体名をあげられるといいのですが、すぐにわかりません。
高橋厳氏が訳したものに、基本文献が多く含まれると思います。
from. 村松恒平 / 2009/11/24 10:42 AM
 丁寧なお返事ありがとうございます。僕自身にも自分が何を聞きたかったのか分かっていなかったようで、質問というよりもよく分からない自己主張のようになってしまいました。
 僕も一日置いて自分のコメントを読んで「なんだこれは」と思ったのですが、あとで手を加えようにもコメントは修正できない。更新がとまってる間中「失敗したなー」と反省していました。これからは、もう少し冷ましてからコメントします。

 専門的な哲学書(デカルト)を読んだ合間だったので、なんだか複雑に考えてしまいました。精密な議論は学問的には価値があるし、僕も好きなんですが、日常で使えるのは慣用句みたいにシンプルなものですよね。村松さんが目指しているのはそちらだと。
 今日更新のほうの記事と村松さんの自己紹介の文を読んで、忘れていたことを思い出しました。相手の声をよく聞かないで言葉を発してはだめだなぁ、と痛感しました。どうも自分がしゃべることで頭が一杯で。

 僕は村松さんの澄んだ率直な文章が好きなので、これからもシンプルな記事をお願いします。
 ご紹介していただいたシュタイナーの本は、探してみますね。応援しています。
from. 海巳 / 2009/11/23 8:24 PM
どうも疑問の焦点がどこにあるのか文面からわかりにくいのですが…。

お腹が空いて機嫌が悪くなることがありますね。
そして、ストレスから胃が痛くなることもあります。

このように精神と肉体はつながっています。

これは目の前で観察できる簡単な事実なので、現代医学は、神経やホルモンの働きで説明するでしょう。
しかし、神経やホルモンが動くから心が動く、というのは、一部であって、唯物論です。
心が動くから神経やホルモンが動く、ととらえないと倒錯していきます。

では、なぜどこで肉体と精神はつながっているのか。
これは神秘学では、肉体、エーテル体、アストラル体という三層構造によって説明しています。
このエーテル体というものが、求められている中間的物質になるでしょう。
それがどういう性質のものであるかを言葉で説明するのは、たいへんややこしいのです。
私は正直言って、これを短く最後まで的確に説明する自信がありません。
この構造についてはルドルフ・シュタイナーという神秘学者のいくつかの著作に精緻にシンメトリカルに展開されています。
こちらをお読みください。







from. 村松恒平 / 2009/11/23 10:45 AM
 取り上げて下さってありがとうございます。疑問の一部は解消され、また疑問が増えました(笑)
 比喩の話をあれこれ言っても仕方ないかもしれませんが、「グラデーション」と「癒着・分離」という図式を、村松さんがどう使い分けているのかな、というのがぼんやりとした疑問です。身体と心はグラデーションじゃなくてはっきり別々ですか?
 どこか「ここでくっついている」という接点が分かれば、より分ける助けになると思いますが、グラデーションで考えるとそこが分からない。なんていうか、秩序的な場所に時間をおけばだんだん離れていく……みたいなイメージはあるのですが。身体という物質と心という非物質がなにを仲介にして重なっているのかというのはちょっと難しい問題だと思います。
 なんか、身体は物質にしか、心は非物質にしかくっつかないような気がしているので、モノと一体化するというのがどういうことか分かりづらいのかもしれません。
 執着や欲望の話も、物体のモノ、システムのような仮想モノ、身体、心というものの相関関係が分かるとなにか見えてくるような気がします。
 うーん、もう少し考えます。
from. / 2009/11/18 1:40 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/124