INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
なぜか恋愛の話に流れる〜
 地上への煩悩・執着があると、霊は自由にならない。仏教でいうと、いわゆる成仏というものをしない、ということを前回図式化して書いたわけです。

では、生きている間に煩悩にいかに対処するか、ということを考えてみましょう。

煩悩というと、要素がいろいろあり、話が難しく複線化してしまいますので、欲望に限定して語りましょう。

欲望は生きる力と直接に結びついています。
たとえば、性欲は生物としての繁殖と結びついています。
そして、それを人が「面倒くさいから止めた」と言わないように、快楽と結びつけられているのでしょう。
もともとセックスは、大らかな楽しみであったのです。

しかし、それが恋愛感情と結びつきます。
文化人類学者の西江雅之さんによれば、これは文化的なものです。
恋愛・結婚・セックスは、それぞれに独立しています。
部族の中で、ある年齢に達すると女性は必ずセックスの体験をして、成長するとその相手とは無縁に結婚する、というようなケースがあります。

私は30年ほど前に、この人のテープ起こしをしたのですが、そのとき「そもそも一夫一婦制のほうが世界では人口は少ない」と言っていました。
このときも意外に思いましたから、今でも変わっていないかもしれません。

というわけで、私たちの恋愛感情は、一夫一婦制の文化に根ざしているのです。
欲望は生命から直接出るもの。しかし、恋愛感情は文化的な枠組みの制約を受けています。

それからその上に純粋な感情ではない、頭脳的な打算が働きます。

恋愛・結婚するなら、金持ちがいいとか、背が高い方がいいとか、美人がいいとか。

セックスがしたい、という単純な欲求であれば、それなりに困難はあっても満たすのがすごく難しいこともありません。
しかし、そこで男女がお互いに品定めをして、そこに美醜や、教養や、金のあるなしや、結婚に関するその他の思惑など、どんどん他のモノサシを使って複雑化することによって、答のないパズルのようなものを作り上げているのです。

だから、悶々としている男女がそれぞれいるのに、うまくくっつかないで、独身男女が増えているのでしょう。そして、悶々としているのがイヤな人は、ネットの出会い系に走ったり、最初から草食系になるのでしょう。

整理してこれを身体部分にあてはめてみますと、

欲望は下腹部。
恋愛感情は心臓(ハート)。
打算は頭脳

と3層構造になっているのです。

これをお団子のような3つの球体と考えてください。
串刺し団子を上から見ると、一つの球にしか見えません。
その一つの球を人は恋愛、あるいは恋愛感情と思っているのです。

そうすると、一つの球が歪んでいるときには全体が歪んで見えます。
そして、どの球が歪んでいるのか、どの球に対して働きかけたらいいのかわからないので、適切な対処ができなくなるのです。

この3層が見えていない限り、頭で対処しようとすればするほど、事態は複雑化するだけなのです。

これは、恋愛に限らず、あらゆる人間的な精神活動にあてはまります。

たとえば、自分に満たされない欲望があります。

ところがその欲望を簡単に実現している人が身近にいると、素直な人はうらやましい、と思います。しかし、そのうらやましい、という素直な感情を抑えつけると、エネルギーは出口を求めて、反感や妬み、嫌悪などが生じます。

そして、愚痴をいいあう仲間とその人の陰口を言ったりしはじめ、意地悪を始めたりするようになると、現実に大きな影響を持ち始めます。

外でご飯を食べていると、ときどきその場にいない人の悪口を言っているおばさんたちがいますが、口調に熱が入っているほど、「この人たちのほうがおかしいんだろうな」と横で聞いていて思います。
そういう熱も、そもそも最初の満たされない欲望のエネルギーなのです。

そういうのをフロイトは「リビドー」と呼んだのでしょう。
リビドーはともかく、欲望(意志)、感情、頭脳を三文節化する考え方は、覚えてください。
煩悩に対処するとき、この3つをごちゃまぜにしていると、決してよい方向に進みません。

**
 多くの方に読んでもらえるようにワンクリックお願いします。


**
心理研究会、参加希望者4人になりました。
もう少し準備してスタートですが、もう一人か二人いるといいですね。
それから水曜と書きましたが、土日がいいという方がいらっしゃいました。
調整しますので、ご希望がある方はお書き添えください。
心理研究会の問い合わせはkokoro@hiden.jpまで。

質問やセッションのお申し込みは、kokoro@hiden.jpまで。
そして、もちろん私の著書も読んでくださいませ。面白くってタメになる!
          アッチ→

三分法・三元論 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








from. /
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://kokorogadaiji.jugem.jp/trackback/122