INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
混沌の死 意識と無意識7

荘子の内篇、応帝王篇第七に有名な話があります。

〖南海の帝を儵(しゅく)といい、北海の帝を忽(こつ)といい、中央の帝を混沌(こんとん)といった。儵と忽とはときどき混沌の土地で出会ったが、混沌はとても手厚く彼らをもてなした。儵と忽とはその混沌の恩に報いようと相談し、「人間にはだれでも〔目と耳と鼻と口との〕七つの穴があって、それで見たり聞いたり食べたり息をしたりしているが、この混沌だけがそれがない。ためしにその穴をあけてあげよう」ということになった。そこで一日に一つずつ穴をあけていったが、七日たつと混沌は死んでしまった。〗

中央の帝、混沌。まあ、神様みたいなものだと思いますが、これが感覚器官の穴を穿たれて死んでしまった、という話です。

混沌は、つまり閉じた内的な宇宙を生きていたわけです。

昨日、無意識は赤ちゃんの状態と言いましたが、内的な宇宙を生きる混沌とはまさに無意識の状態であり、赤ちゃんのことなのです。

儵(しゅく)と忽(こつ)とは、岩波文庫によれば、迅速を表す言葉であって、人間的有為、意識の世界を表しています。

荘子は架空の人物とも言われますが、今から2300年くらい前の人らしいです。
そんな過去の人が私と同じことを考えていたとはすばらしい!


……というのは、嘘で、私のほうが老荘思想に学び、同調しているのです。
人の本質は古来変わっていません。
だから、本質的な知恵は核心をついて古びないのです。


混沌は中央の帝ですから、最も力が強い中心を成しているのです。
大切なことは、混沌は感覚器官を持たないまま、生命力に満ちているということです。

外を知る必要もなければ、外の存在に評価され、認めてもらう必要もありません。
無目的にしか見えないけれども、自分の内部の宇宙だけで創造的な状態なのです。

内部だけあって外部がない。これが神様の一つの形です。
このような神的な存在が人の内部にもあります。
それが生命というものです。

しかし、人には

>〔目と耳と鼻と口との〕七つの穴

が穿たれています。

直接いっぺんに穴を開けると即死してしまいますから、少しずつ開いていくのが乳幼児の成長過程です。
これによって、人は無意識の暗黒を上手に意識で包み込んでいきます。
そして、無意識の暗黒と意識の光の間に緩衝地帯のような薄明の領域を作り出しています。

こうして、無意識と意識が共存することによって、二つの矛盾する存在の間に人の高度な精神活動が成立しているのです。

矛盾というのは、実生活では障害と捉えられやすいですが、矛盾がないところには創造がないのです。
人は最大の矛盾を内に抱えることによって、最大の創造性を持っているのです。



**
 多くの方に読んでもらえるようにワンクリックお願いします。


**
質問やセッションのお申し込みは、kokoro@hiden.jpまで。

私の著書も読んでください。
「本日のお勧め」は、『神様学入門』ダウンロードです。
                    アッチ→






意識と無意識 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








from. /
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。