INNER LIFESTYLE DESIGN
 〜ナチュラルに生きる方法論序説
無意識と意識の対照表   意識と無意識6
概念が、なかなか把握し辛いと思うので、無意識→意識の対照表を作ってみました。
大雑把に次のような対立的な構造があります。

無意識→意識

言葉以前→言葉以後
先天的→後天的
無用なもの→有用なもの
無意味→意味
無秩序なもの→秩序立てられたもの
身体的→頭脳的
自然→人工
本能的→教育的
時間的→空間的(むずかしい。考え中……)
個別的→普遍的

前者は、おおよそ、生まれたばかりの赤ちゃんを想像してもらえばいいのです。
それが成長につれて後者の世界に入っていきます。
そう考えればとても単純でしょう。

いわば前者をベースにして、その上に後者が構築されていく、という時間的な流れがあるのです。
私たちは、無意味の暗がりから、意味という光の中にひっぱり出されるわけです。
しかし、私たちの本体、故郷は無意味の中にあるのです。

ここ大切です。
この後の話を理解するためには、一つ一つ、納得がいくかどうか感じてもらいたいのです。
短いけれど、本日はここまで。


**
 多くの方に読んでもらえるようにワンクリックお願いします。


**
質問やセッションのお申し込みは、kokoro@hiden.jpまで。

私の著書も読んでください。
中身は濃いですが、読みやすい本ばかりです。
                    アッチ→


意識と無意識 / comments(0) / trackbacks(0)
Comment








from. /
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。